無添加化粧品 キャリーオーバー

MENU

無添加化粧品にキャリーオーバーとして石油由来やアルコールが含まれてしまうわけ

医薬部外品を除く通常の化粧品には全成分表示が義務化されています。
化粧品の成分表を見て添加物が無いことを確認することができますが、完全無添加にこだわっている方は、一概にこれだけで安心することはできません。

 

キャリーオーバーとは、成分として配合しているわけではないが、原料の栽培過程に使用される農薬、化学肥料や成分の抽出過程で使用される溶剤・溶媒が残留してしまったもので非常に微量ではありますが、成分に混入してしまっているものです。

 

このように製造過程において混入してしまう溶媒については成分の表示義務はありません。表向きは成分に含まれていないことになります。これが、無添加化粧品にキャリーオーバーとして刺激物が含まれてしまう理由の一つです。

 

キャリーオーバーがない無添加化粧品

無添加化粧品の中でもオーガニック化粧品というジャンルはメーカーにもよりますが、とことん無添加にこだわっている化粧品が多いです。
原材料の抽出に使う溶媒についても石油系の溶媒を使用しないなど徹底しているオーガニックコスメのメーカーもあります。防腐剤についても植物由来の防腐剤を使用していたりとコダワリを感じられます。

 

 

無添加化粧品と配合成分について

関連ページ

無添加化粧品の成分表
無添加化粧品といえどもすぐに安心せうに配合成分はしっかりチェック!旧表示指定成分以外にも肌に刺激になる可能性がある成分が入っているかも!?
肌荒れしやすい人におすすめの化粧品
無添加化粧品に配合される成分はいったいどんな成分なのでしょうか?肌に刺激のある成分は一切入っていないのでしょううか?