無添加化粧品 配合成分

MENU

無添加化粧品に配合されている成分・配合されていない成分

無添加化粧品の定義は旧表示指定成分が配合されていないことが基本となっています。
配合されている成分については、その化粧品が狙っているスキンケアの目指すところによって様々です。無添加の保湿化粧品であれば、天然の保湿成分やセラミドなどが配合されていますし、無添加の美白化粧品であれば、ビタミンC誘導体やアルブチンなどが配合されています。

 

厳密に言えば、「ビタミンCを添加」「アルブチンを添加」「セラミドを添加」という風な言い方もできるので、「無添加」という言葉の響きだけでなく何が無添加なのかをしっかり把握することが化粧品選びに求められるようになっています。

 

無添加化粧品 TOPへ

無添加化粧品と配合成分について記事一覧

無添加化粧品を選ぶときでも全成分はチェックしましょう無添加化粧品は旧表示指定成分の102種類の成分と香料を加えた103種類の成分を添加していない化粧品を多くの場合指していて、無添加化粧品として販売していますが、現在は化粧品については全成分の表示が義務付けられているので成分のチェックはしやすくなりましたが、どれが旧指定成分なのかわかりにくいですし、また旧指定成分に該当していなくても肌に刺激を与える可...

肌荒れしてしまうのは刺激から守るバリア機能の低下が原因ですお肌を外部刺激から守っているバリア機能というものがあります。バリアが機能するのは、水分で満たされた角質層と皮脂膜によって潤っている状態のお肌です。肌が乾燥して肌の表面がカサついていたり、合成界面活性剤による過剰な洗顔で皮脂を落としすぎてしまうことが一つの原因です。また、食事の内容によっても肌に栄養がいきわたらずにバリア機能が低下して肌荒れを...

無添加化粧品にキャリーオーバーとして石油由来やアルコールが含まれてしまうわけ医薬部外品を除く通常の化粧品には全成分表示が義務化されています。化粧品の成分表を見て添加物が無いことを確認することができますが、完全無添加にこだわっている方は、一概にこれだけで安心することはできません。キャリーオーバーとは、成分として配合しているわけではないが、原料の栽培過程に使用される農薬、化学肥料や成分の抽出過程で使用...