オーガニック化粧品

MENU

オーガニック化粧品は天然の原料を使った化粧品で安全性が高い

オーガニック化粧品は化学成分を配合せず、天然の植物などから抽出した成分など自然派の原料を使って作られているため、アルコールや防腐剤のパラベンなどが原因で肌荒れを起こしたりアレルギーなどで肌が赤くなってしまうような方にはとてもおすすめです。

 

オーガニック化粧品においては、旧表示指定成分が使われることはありませんから、そういった点においては安心して使える化粧品の一つとして選択肢があります。

 

安全性が高い化粧品ではありますが、中にはオーガニック風なだけの化粧品やオーガニックの成分を配合しています!といったなんちゃってオーガニック化粧品もありますので、注意してください。薬用化粧品でなければ、化粧品は全成分表示が義務化されていますので、気になったオーガニック化粧品があればしっかり原料を自分で調べて問題がないかどうかとか、自分がアレルギーを起こす成分が入っていないかということはよく確認したほうが良いでしょう。

 

 

オーガニックの成分でも刺激になる可能性もあります。

人のアレルギーはそれこそ人それぞれ何に反応してしまうのかわかりません。オーガニック化粧品に使われている天然の成分やエキスがアレルギー物質になってしまう方ももしかしたらいる可能性もあるのです。食品に例えると、小麦アレルギー、そばアレルギー、卵アレルギー、大豆アレルギー、甲殻類(エビ・カニ)アレルギーなど、殆どの人が普通に食べるものでもアレルギー反応が起きてしまう人がいるのです。化粧品についても同様で、ある特定の植物エキスなどにアレルギー反応がでてしまうことも考えられるわけです。

 

このように、オーガニック化粧品だから安心!肌にやさしいから安全!と思いこむのではなく、初めて使う化粧品ならば簡易的にでもパッチテストをしてから使うことが大変望ましいです。

 

オーガニック化粧品はとてもおすすめですが、旧指定成分無添加の敏感肌化粧品のほうが肌が弱い方にはおすすめします。
研究所を持っていて、人の肌でアレルギーテストを行っている大手のスキンケアメーカーや皮膚科医の方の監修が入った無添加の化粧品なら安心して使える可能性が非常に高いので、こういった点についても化粧品を選ぶ際の基準にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

無添加化粧品とオーガニック化粧品の違い

関連ページ

旧指定成分無添加とは?
皮膚のトラブルやアレルギーを引きおこす可能性がある成分を配合していない無添加化粧品の定義として旧指定成分無添加という言葉が使用されています。
無添加化粧品の選びかた
無添加化粧品の選び方は、配合成分をしっかりチェックして何が添加されていなくて無添加なのかを確認して選ぶことが大事!