無添加化粧品 選び方

MENU

無添加化粧品の選び方

無添加化粧品を選ぶ方は肌トラブルを起こすやすいとか敏感肌の方も多いと思います。肌にやさしい成分だけで作られた化粧品ならヒリヒリしたり肌荒れしたりせずにすみますからね!

 

でも、「無添加」というだけで化粧品を選んでしまうと失敗してしまうことがあります。
それは、ある特定の成分だけを添加していないのを強調して「アルコール無添加」や「合成保存料無添加」としていても、ほかの化学成分が使用されている場合があるからです。

 

全ての化学成分が悪いわけではありませんが、多くの人にはまったく肌に影響がない成分でも一部の人にはアレルギー反応がでたり、肌荒れの原因になってしまうような成分もあります。

 

無添加化粧品と表示している化粧品には、「旧表示指定成分」に含まれる成分は配合されていないことがほとんどですが、それ以外の化学成分が配合されていることがるのです。ただし、その成分があなたの肌に刺激を与えるかどうかはわかりません。安全性が高く化粧品の効果を高める成分もありますから一概に肌に良くない成分ということも言えません。

 

しかし、その成分が刺激となってしまう方もいる可能性は否定できませんので、肌の弱い方は特に無添加だから大丈夫と安心せずに初めて使う化粧品の場合は、必ず少量でテストしてから本格的に使ってみることをおすすめします。

 

 

無添加化粧品だけでなく敏感肌用化粧品もチェックしてみましょう

肌にやさしい化粧品=無添加化粧品と考えている方も多いと思いますが、その中でも「敏感肌用」として販売されている化粧品に注目してみましょう。

 

敏感肌化粧品といえば、花王のキュレル、資生堂のdプログラム、ポーラオルビスグループのディセンシア、常盤薬品のノブなどが人気があって通販でとても売れていますが、
中でも特に注目したいのがディセンシアのスキンケア化粧品です。

 

ディセンシアはポーラオルビスグループのの中でも敏感肌用の化粧品だけを開発して販売しているブランドで、敏感肌用化粧品に関しては一歩抜けだしてる存在です。
特に優れているのは、外部刺激をシャットアウトするバリア機能の代わりを果たすヴァイタサイクルヴェールという技術です。

 

肌荒れなどで弱ってしまったバリア機能の低下によって、肌がヒリヒリしたり赤くなったりしてしまうとこをヴェールのように包み込み、バリア機能の働きをサポートしながら、肌本来のバリア機能の回復を促すような働きをしてくれます。敏感肌で何を使ってもあまりしっくりこなかった方は是非試していただきたいスキンケアシリーズです。

 

 

無添加化粧品とオーガニック化粧品

関連ページ

旧指定成分無添加とは?
皮膚のトラブルやアレルギーを引きおこす可能性がある成分を配合していない無添加化粧品の定義として旧指定成分無添加という言葉が使用されています。
オーガニック化粧品は肌に安心!?
オーガニック化粧品は自然派なので肌にやさしいイメージが強いですが、本当に安心なのでしょうか?選ぶべきオーガニック化粧品はこれがおすすめ!