無添加化粧品 オーガニック化粧品

MENU

無添加化粧品とオーガニック化粧品どっちがおすすめ?

 

無添加化粧品とオーガニック化粧品はなんとなく似ていそうですが、原料などに違いがあります。どちらも肌が弱い方や肌荒れしやすい方にはおすすめです。ただし、人によって刺激に感じてしまう成分が違うように、無添加やオーガニックだからといって全ての人の肌に合うというわけではありませんので、そこは注意が必要です。

 

 

無添加化粧品とオーガニック化粧品

無添加化粧品とオーガニック化粧品の違いや特徴について。

 

無添加化粧品とは?

無添加化粧品として販売されている化粧品は一般的には旧指定成分という102種類の原料を添加していない化粧品を指すことが多いです。
旧指定成分というのは、現在では廃止されているため「旧」と付しているものです。そのかわり現在では化粧品には全成分の表示が義務付けられているので、旧指定成分に指定されていたアレルギーを起こしやすい成分がどれにあたるかなど、ちょっとわかりにくくはなっているようです。

 

化粧品メーカーによっては、「アルコール無添加」「石油由来成分無添加」「合成保存料無添加」「香料無添加」など○○無添加といった形で添加していない成分を表示しているものもあります。

 

オーガニック化粧品とは?

自然由来の成分を使用していて、化学的な添加物を使用していない化粧品のことをオーガニック化粧品と呼びます。通常化粧品には雑菌混入による腐敗を防いだり使用できる期間を長持ちさせるために化学物質の防腐剤を配合していますが、オーガニック化粧品は天然の防腐剤と呼ばれるハーブなどから抽出した天然成分を使用するなどこだわっています。

 

無添加化粧品おすすめ TOPへ

 

 

 

 

無添加化粧品とオーガニック化粧品の違いとは?記事一覧

旧表示指定成分について表示指定成分とは、皮膚になんらかのトラブルが起きる可能性のある成分について、購入者、消費者が確認して避けることができるように当時の厚生省が昭和55年に指定した102種類の成分と香料を加えた103種類の物質のことです。表示指定成分一覧化粧品の成分表示について平成13年に改正されて、配合しているすべての成分の表示が義務付けられて全成分表示されるようになりました。従来は表示指定成分...

無添加化粧品の選び方無添加化粧品を選ぶ方は肌トラブルを起こすやすいとか敏感肌の方も多いと思います。肌にやさしい成分だけで作られた化粧品ならヒリヒリしたり肌荒れしたりせずにすみますからね!でも、「無添加」というだけで化粧品を選んでしまうと失敗してしまうことがあります。それは、ある特定の成分だけを添加していないのを強調して「アルコール無添加」や「合成保存料無添加」としていても、ほかの化学成分が使用され...

オーガニック化粧品は天然の原料を使った化粧品で安全性が高いオーガニック化粧品は化学成分を配合せず、天然の植物などから抽出した成分など自然派の原料を使って作られているため、アルコールや防腐剤のパラベンなどが原因で肌荒れを起こしたりアレルギーなどで肌が赤くなってしまうような方にはとてもおすすめです。オーガニック化粧品においては、旧表示指定成分が使われることはありませんから、そういった点においては安心し...