無添加化粧品 アレルギー

MENU

無添加化粧品で一般的に安全な成分でもアレルギーが起きる可能性はある

無添加化粧品やオーガニック化粧品には、肌に刺激を与える可能性のあった旧指定成分が無添加なのでアレルギーは起こらないと思っている方もたくさんいますが、そんなことは決してありません。確かに安全性は高いということは言えます。

 

ではなぜ、無添加化粧品やオーガニック化粧品でもアレルギーが起こる可能性があるのでしょうか?

たとえば食品アレルギーを考えてみてください。
  • そばアレルギー
  • 甲殻類アレルギー
  • 卵アレルギー
  • 牛乳アレルギー
  • 小麦アレルギー

まだまだたくさんありますが、食品として無害で安全なはずなのにアレルギーを起こしてしまう人もたくさんいます。
小麦アレルギーといえば、緑色の石けんで小麦アレルギーを発症して問題になったケースもあります。

 

アレルギーと似たものに天然の植物によるかぶれも起こります

よく化粧品に天然植物エキスだから肌にやさしい♪と書いてあるものを見かけますが、「天然植物エキス=無害で安全」といったイメージで使われています。しかし、天然の植物由来の成分でも「漆(うるし)」はどうでしょう?触ったり、近づいただけでも肌がかぶれてしまうほど強い成分です。

 

このように、天然だから安全とか植物だから安全と鵜呑みにするのではなく、安全な可能性が高い無添加化粧品やオーガニック化粧品であっても、自分がアレルギーを起こさないとは限らないので初めて使用する時はしっかり成分をチェックし、少量だけ使ってみて肌に異常がないかどうかを確かめることが大切です。

 

無添加化粧品の知識とコラム

関連ページ

化粧品に配合される添加物
化粧品はいろいろな原料や成分を配合して保湿効果を上げたり肌への馴染みをよくしたりしています。中には肌への刺激になる成分や原料もありますが、すべての添加物がそういうわけではありません。
無添加化粧品 防腐剤
完全無添加化粧品には防腐剤が入っていないので安心!と思いがちですが、取扱い方によっては化粧品に雑菌が繁殖することがあります。