無添加化粧品の知識

MENU

無添加化粧品について知っておきたいことなど

無添加化粧品という肌に優しそうなイメージの化粧品ですが、どんな添加物を配合していないのか?天然由来の成分でも実際に何を原料にしているのか?など、良く知ってから使わないと無添加であっても肌に刺激を与えてしまうことがあります。

 

また、無添加化粧品の中でも、旧指定表示成分以外の化学成分が使われているともありますが、一概に肌に刺激がある成分とも言えないものもあります。化粧品選びの際には「無添加」という言葉だけに惑わされずに自分の肌に合う化粧品を選ぶことが大切です。

 

無添加化粧品 おすすめ TOPへ

無添加化粧品の知識とコラム記事一覧

化粧品の原料となる添加物と役割品にはサラサラした液状の化粧水やややトロっとした液状の美容液、液体と油性成分が乳化されたクリーム状のものなど様々な質感のタイプがありますが、これらは化粧品を使う目的などによって成分や添加物を変えて作らています。使用感を心地よくするためのものや肌をきれいにしたり保湿力を高める成分、品質を一定に保ち長持ちさせる為に添加される成分などが合わさって作られるのが化粧品です。化粧...

無添加化粧品と防腐剤について無添加化粧品には旧指定成分無添加という表示がされているものが多く、代表的な化粧品の防腐剤であるパラベンも旧表示指定成分の一つに含まれています。なかにはパラベンフリーと書いてある無添加化粧品もあります。ところが、通常の化粧品容器で販売している場合は、防腐剤を一切配合せずに化粧品を作ることは不可能です。ましてや化学合成ではなく天然油脂を使っているならなおさらです。防腐剤(保...

無添加化粧品で一般的に安全な成分でもアレルギーが起きる可能性はある無添加化粧品やオーガニック化粧品には、肌に刺激を与える可能性のあった旧指定成分が無添加なのでアレルギーは起こらないと思っている方もたくさんいますが、そんなことは決してありません。確かに安全性は高いということは言えます。ではなぜ、無添加化粧品やオーガニック化粧品でもアレルギーが起こる可能性があるのでしょうか?たとえば食品アレルギーを考...